nlpのプラクティショナーで今の時代に必要な資格を取ろう

女の人

制度を支える仕事

大学生

福祉の制度や法律が複雑化する中、社会福祉士の必要性は高まっています。相談員になるには必ずしも資格は必要ありませんが、取得すると就職にも有利ですし信頼も増します。新潟にも福祉関連の学校はたくさんありますが、学校で習っても物足りないときは、通信講座などを利用すると効率よく学習が進みます。

詳細へ

生活をサポートしてあげる

カウンセリング

何らかの病気が原因で、自分の気持ちを相手に上手く伝えられない方もいるでしょう。そんな方々をサポートしてくれるのが言語聴覚士です。この仕事をするためには、大学か専門学校を出る必要があります。定められたカリキュラムをこなすことで、国家試験の合格を目指せるのです。

詳細へ

成功するための学び

男女

自己をコントロールする

nlpは、心理療法としてだけでなく今はスポーツや仕事の世界でも使われています。このnlpを学ぶことで自分がこうなりたいという未来像を作ったり感情や思考をコントロールする術を得ることが出来ます。そして成功するための考え方や行動を学ぶことが出来るのです。そんなnlpの協会が認定するnlpプラクティショナーの資格は、資格取得に対応する講座を受講することで取得することが可能です。カウンセラーを目指す人や人の教育をする立場の人や自分自身を成長させたい人におすすめです。しかしこのnlpプラクティショナーはnlpの資格の中では初級にあたるものであり、中級と上級の資格を取得するためにはまずこのプラクティショナーを取得することが必要になるので注意が必要です。

仕事で活かせます

このnlpプラクティショナーの資格を取得すると中級といえるマスタープラクティショナーの資格を取得する資格が得られます。そして最終的にはセミナーを受けテストに受かることでnlpを教える立場であるトレーナーの資格を取得することが出来ます。プラクティショナーの時点でもセミナーを開催することは可能ですが、トレーナーにまでなると認定資格が発行されるセミナーを開くことも出来るようになります。そこまで本格的には考えていないという方であってもnlpを学ぶことによって他人とのコミュニケーション能力を高めることが出来るようになります。そしてさらに仕事をしていく上で必要なマネージメント能力やキャリアアップのための技術が身につくのでおすすめです。

女子から人気の職

お菓子

高校での進路相談において、女子から圧倒的に人気なのは専門学校の道です。中でも、小さな頃からの憧れの職として洋菓子や和菓子など、製菓に携われる資格を取得したい学生は増え続けています。語学や美的センスまでが養える点も評価されています。

詳細へ