制度を支える仕事|nlpのプラクティショナーで今の時代に必要な資格を取ろう

nlpのプラクティショナーで今の時代に必要な資格を取ろう

レディ

制度を支える仕事

大学生

実務経験の重要性

福祉に関する制度や法律の複雑化や進む高齢化の中、社会福祉士の必要性はいままで以上に増しています。活躍の場も幅広くなり、医療・介護施設をはじめ、社会参加が増えてきた障害者支援にも社会福祉士は求められています。ソーシャルワーカーとして働くには必ずしも資格は必要ありませんが、資格を保持することが条件の施設なども多く、有資格者は高い信頼がおかれます。もちろん実務経験も非常に重要で、豊富な知識とともに、高いコミュニケーション能力も必要とされています。社会福祉士は国家資格であり、受験資格が必要となります。福祉関連4年制大学卒業や福祉関連短大卒プラス実務2年など条件がいくつかありますので、よく確認しておきましょう。

物足りないときは

受験資格を得るための福祉関係の大学は全国にたくさんありますが、新潟にも人気のある4年制大学がありますし、対象となる養成専門学校もたくさんあります。新潟の学校をもっと詳しく知りたいなら資料請求をするのもいいですし、新潟の社会福祉士学校といったキーワードで検索すると、新潟の対象学校一覧も見られます。ただ、学校で学んだとしても試験合格には物足りない部分があり、やはり自分である程度勉強する必要があります。独学でも不可能ではないですが、毎年制度も変わっていますし、傾向と対策のためには教材等を利用すると成果も上がりやすくなります。もっとも多いのが通信講座で、自分のペースで勉強ができますし、的を絞った効率的な学習ができるのが魅力です。